“摩訶毘盧遮那仏”の読み方と例文
読み方割合
まかころしゃなぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じ果ててうかうか日を送ると、昨夜又々摩訶毘盧遮那仏夢枕に現じてのおに、大伝馬町の佐久間勘解由のをなぜ訪ねて参らぬのじゃ、怠慢至極——とての外の御叱りじゃ