“搉揮”の読み方と例文
読み方割合
かくき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もすれば見と信とを対せしめては、信の一義に宗教上千鈞の重きをくを常とし、而して見の一義に至りては之れを説くもの也、んや其の光輝ある意義を搉揮するものに於いてをや。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)