“接庇雑踏”の読み方と例文
読み方割合
せっぴざっとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんにしろ明治四十一年の事とて、その頃は、当今の接庇雑踏とは異なり、入谷田圃にも、何処かものびた土堤のが残っていた。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)