“掣電”の読み方と例文
読み方割合
せいでん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしそれ掣電の機前に虎を捕え得るの名外交家ならばいざ知らず、大抵の相手ならばここで大切な用事を思い出したり、天気が怪しくなったり、少く共いずれ又そのにという言葉を抵当にして
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)