“掠奪焚焼”の読み方と例文
読み方割合
りやくだつふんせう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又打つてかゝつて来たからといふのも一の所以か知らぬが、常陸介を生捕り国庁を荒し、掠奪焚焼を敢てし、言はず語らず一国を掌握したのは、相馬小次郎も図に乗つてれ過ぎた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)