“掟文”の読み方と例文
読み方割合
おきてぶみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
香以は贔屓の連中を組織して、荒磯連け、その掟文と云うものを勝田諸持に書かせた。九代目の他日の成功は半香以の庇蔭ったのである。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)