“挫骨”の読み方と例文
読み方割合
ざこつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半生の信念に、大きな動揺をうけての溜息だった。叔父の前では、我慢していたが、じつはまだ、ゆうべ、したたかに投げつけられたときの腰の挫骨が、ずきずきとてッて、ひどく痛い。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)