“拳鬚心前”の読み方と例文
読み方割合
つかひげむなさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然るにこの御子、八拳鬚心前に至るまでにまとはず。かれ今、高往くが音を聞かして、始めてあぎとひたまひき。ここに山邊大鶙(こは人の名なり。)を遣して、その鳥を取らしめき。