“拝領品”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はいりょうひん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拝領品”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と内藤さんは一礼して乗りこんだ。すると奥様からの拝領品はいりょうひんが中に積んであったのにまたまた恐れ入った。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
内藤さんは拝領品はいりょうひんひら辞退じたいして、にげるように玄関へむかった。富田さんが待っていたので、また家令詰所かれいつめしょというのへはいってしばらく打ちあわせをしているうちに、
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)