“愛敬靨”の読み方と例文
読み方割合
あいきょうえくぼ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
器量はたぎっていと云うのではありませんが、何処男惚れのする顔で、愛敬靨が深く二ツいりますが、突込んで見たら二分五厘あるといいますが、か尺を入れたと見えます。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)