“復讐:ふくしゆう” の例文
“復讐:ふくしゆう”を含む作品の著者(上位)作品数
尾崎紅葉1
“復讐:ふくしゆう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は尋常復讐ふくしゆうの小術を成して、宮に富山に鴫沢に人身的攻撃を加へて快を取らんとにはあらず、今すこしく事の大きく男らしくあらんをば企図きとせるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
売られた人達を苦めるやうなそんな復讐ふくしゆうなどは為たくはありません、唯自分だけで可いから、一旦受けた恨! それだけはきつはらさなければかん精神。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)