“御飯:おめし” の例文
“御飯:おめし”を含む作品の著者(上位)作品数
木暮理太郎2
“御飯:おめし”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本2.3%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
或は黒湯山ではないかと思ったが、容易に白い斜面を見せないのは、山を縦観する為であろうから、恐らく御飯おめし岳に相違あるまいと思われる。
望岳都東京 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
五万の土鍋どなべ山や御飯おめし岳に就ては、山名が記入してない。
上州の古図と山名 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)