“御恩報謝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごおんはうしや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御恩報謝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其丈それだけなら申分まうしぶんは無かつたのだが、呉服屋夫婦は道珍和上にめあはせようと為た娘を、今度の朗然和上に差上さしあげて是非ぜひ岡崎御坊に住ませたい、最愛の娘を高僧かうそうに捧げると云ふ事が、何より如来様の御恩報謝ごおんはうしやに成るし、又亡く成つた道珍和上への手向たむけであると信じて居た。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)