“御心根”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おんこゝろね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御心根”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
都を跡に西國へ落ち給ひしさへ口惜くちをしきに、屋島の浦に明日あすにも亡びん一門の人々を振り捨てて、武士は櫻木、散りての後の名をも惜しみ給はで、妻子の愛にめゝしくも茲まで迷ひ來られし御心根おんこゝろね、哀れは深からぬにはあらねども、平家の嫡流として未練のそしりは末代まつだいまでものがれ給はじ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)