“度候”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たくそうろう50.0%
たくそろ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“度候”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「啓上 石月平馬こと一旦、女賊風情の饗応を受け候上そうろううえは、最早もはや武士に候わず。君公師父の御高恩に背き、身をくらまし申候間もうしそうろうあいだ何卒なにとぞ、御忘れおき賜わり度候たくそうろう。頓首」
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「……御免蒙ごめんこうむ度候たくそろ。もっとも事情の許す場合には御……」と云うのを投げ込む。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)