“幽蘭”の読み方と例文
読み方割合
ゆうらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、毎日通学するには遠すぎるという理由のもとにそこをやめて、飯倉にある幽蘭女学校というのに通わせる事にした。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
牡丹や、芍薬や、幽蘭の、根分けをしなければならないそうで」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
幽蘭分栽の行われる季節。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)