“山村座”の読み方と例文
読み方割合
やまむらざ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三代目尾上菊五郎は怪談劇の泰斗として知られていた。其の菊五郎は文化年代に、鶴谷南北の書きおろした『東海道四谷怪談』を木挽町山村座で初めて上演した。
幽霊の衣裳 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
殊にこの年の正月、木挽町山村座の木戸前で、水野の白柄組と幡随長兵衛の身内の町奴どもと、瑣細のことから衝突を来したのが根となって、互いの意趣がいよいよ深くなった。
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この正月に山村座のまへで、水野と喧嘩をしたときに、たしかに見かけた侍だ。
番町皿屋敷 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)