“屠獣者”の読み方と例文
読み方割合
とじゅうしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてその中に、ラーペの仲仕からモンフォーコンの屠獣者に至るまであらゆる奇体な典型が群がっている。町の掃きだめとキケロは叫び、憤ったバークは愚衆と言い添える。
屠獣者の仕事は、非常に恐れられて、長い間死刑執行人の手にゆだねられていたが、下水掃除夫の仕事も、昔はそれとほとんど同じように危険なものであり、同じように民衆からいやがられていた。