“小右記”の読み方と例文
読み方割合
しょうゆうき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寛平御記各一合、小右記六合などのなかったことは、不幸中の幸いとも申せるでございましょう。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
小右記』を読みつづけて、小野宮右大臣実資を夢に見たとか、『台記』を写したとかいう位であるから、その方も相当本格的な勉強だったといえるし、職務にも精励だった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
寛平御記各一合、小右記六合などのなかつたことは、不幸中の幸ひとも申せるでございませう。
雪の宿り (新字旧仮名) / 神西清(著)