“孱細”の読み方と例文
読み方割合
かぼそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし相手は孱細い娘である。まさかに物取りや巾着切りでもあるまい。文字春は今年二十六で、女としては大柄の方であった。
半七捕物帳:16 津の国屋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
お前だからまあその位のことで済んだが、あんな孱細い娘っ子が荒熊に取っまって見ねえ。どんな大怪我を
半七捕物帳:29 熊の死骸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
たとい平安時代の殿上人にもせよ、実雅はともかくも武人の少将である、しかも力自慢の大男である。その大男に強くひかれて、孱細い左少弁は意気地もなくへなへなとそこに引き据えられた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)