“婬猥”の読み方と例文
読み方割合
いんわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若しも一々これを解釈してに今日の通俗文に翻訳したらば、婬猥不潔、聞くに堪えざること俗間の都々一に等しきものある可し。
新女大学 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
最も婬猥な仏あるいは明王とか金剛族とかいうような仏法を守護する神さん達までも、やはり夫婦合体であるから実に見苦しい。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
幼稚の時より男女の別を正くして仮初にも戯れたる事を見聞せしむ可らずと言う。即ち婬猥不潔のことは目にも見ず耳にも聞かぬようにす可しとの意味ならん。至極の教訓なり。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)