“姉妹中”の読み方と例文
読み方割合
きょうだいじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
磯子に対する岡見の遣瀬ない心持にも姉妹中で一番同情を寄せているのは彼女らしかった。
桜の実の熟する時 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)