“妙々車”の読み方と例文
読み方割合
みょうみょうぐるま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまた海辺には人間よりも化け物に近い女が一人、腰巻き一つになったなり、身投げをするために合掌していた。それは「妙々車」という草双紙の中の插画だったらしい。
追憶 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
まだほかに妙々車という近刊物で、たいそう面白いのが一組だけ出ましたが、誰かそれを写してくれる人はないかとしきりに探しておりますが、見つかりませんで困っております
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小説らしい小説は、泉鏡花氏の「化銀杏」が始めだったかと思います。もっともその前に「倭文庫」や「妙々車」のようなものは卒業していました。これはもう高等小学校へはいってからです。
文学好きの家庭から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)