“大戦慄”の読み方と例文
読み方割合
だいせんりつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよいよ夏休みが、あと五週間ののちにせまったときに、サムとぼくは大戦慄をおぼえ、頭のかみの毛が一本一本ぴんと直立したほどである。
恐竜艇の冒険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私は、階段に取りったまま、大戦慄の末、全身にびっしょり汗をかいた。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
絶望のクロクロ島——名状しがたい大戦慄
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)