“大亀”の読み方と例文
読み方割合
おおがめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに六尺ほどな板碑が、にょっきと建ち、台石となっている石彫りの大亀は、碑を背に載せて、千古、眠りよりめず、といったふうである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大亀ヘロネのの鏡8170
「おいおい、大亀。待てやい。待ってやれよ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)