“多遅比野”の読み方と例文
旧字:多遲比野
読み方割合
たじひの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お酔いつぶれになっていた天皇は、河内かわち多遅比野たじひのというところまでいらしったとき、やっとおうまの上でお目ざめになり、
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)