わらい)” の例文
そのよりて生じたるゆえんを考うることなく、ただ漫然として自得するはこれあに祖父の心を知るものならんや。むしろ識者のを招くことなからんや。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
今日文壇の士に向って仏蘭西の風光とその詩篇とを説くのは遼豕を招ぐに過ぎないであろう。
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)