“喜佐谷”の読み方と例文
読み方割合
きさだに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここは樋口と云う所で、そこから道は二つに分れ、一方は川の岸を菜摘の里へ、一方はうたたねの橋を渡り、桜木の宮、喜佐谷村を経て、の千本からの清水、西行庵の方へ出られる。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)