“佐野屋喜左衛門”の読み方と例文
読み方割合
さのやきざえもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな事があって間もなく、深川松川町の佐野屋喜左衛門という材木問屋の隠居所で、俳諧の催しがあるのに其角は招かれた。
其角と山賊と殿様 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)