“吹矢筒”の読み方と例文
読み方割合
ふきやづつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手に吹矢筒を持っている。部屋へ通るとその後から三右衛門が嬉しそうにいて来た。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
四尺あまりの本式の吹矢筒、竹の節を拔いて狂ひを止めた上に、磨きをかけたものですが、鐵砲の不自由な時代には、これでも立派な飛道具で、江戸の初期には武士もたしなんだと言はれる位
「何でもありません、鳥脅しの吹矢筒で、この通り」