“右入身:みぎいりみ” の例文
“右入身:みぎいりみ”を含む作品の著者(上位)作品数
三上於菟吉1
“右入身:みぎいりみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつ突っ立ったか、五人武者をまともに引きうけて、スラリと、右入身みぎいりみに、鉄扇を中段に、星の瞳をきらめかして、澄んだ、しかし激しい語調で、
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)