“叱責:しつせき” の例文
“叱責:しつせき”を含む作品の著者(上位)作品数
シャーロット・ブロンテ1
石川啄木1
“叱責:しつせき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語3.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼女がちやうどヘレン・バーンズのを抽き出したところへ、私たちが這入つて行くと、ヘレンはいきなり鋭い叱責しつせきで迎へられた。
牧師は彼の教區民に、訓戒くんかい叱責しつせきか、短い言葉を告げる爲めに留つた。
「彼の眼は常に論者の怯懦けふだ叱責しつせきす。」
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)