“古峰”の読み方と例文
読み方割合
こぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日光の大谷の谷に添つた大日堂の少し先からこの都賀山に入つて、小來川に出て、古峰ヶ原、尾鑿山などを探つて見るのも面白い旅の一つだ。
日光 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
ワカとは他府県の市子口寄せのことで、種々の予言をするものである。また、天狗については名高い古峰があるも、ここには略しておく。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
古峰あたりもそのひとつです。那須野の黒羽の向うにある雲巌寺なども世の塵の至らない別天地だと思ひます。
談片 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)