“口入師”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くにふし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“口入師”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それとならんで立つてゐるのは、村から村を渡りあるき、土地賣買の周旋などをやつてゐる口入師くにふしの岡本だつた。
黎明 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
組合が勢ひを得て以來小作人同志の間で讓渡される、あるひは地主から代償として得る耕作權の價格が急激に上昇し、土地そのものの價格が下つてくると、土地賣買のなかだちを口入師くにふしに早がはりした農民があちこちの人の溜りに姿をあらはした。
一過程 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)