“原田敬策”の読み方と例文
読み方割合
はらだけいさく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これではしかたがないので、三めに原田敬策のところへいってはなしてみますと
僕は必要があれば蘭人の飜訳したのを読むから構わぬと威張て居る。れは仕方がないと云うので今度は小石川に居る原田敬策にその話をすると、原田は熱心で、何でも遣ろう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)