“充全”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゅうぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が工藝を論ずるに当って、何故「民藝」を重要視し、あえて批評家の注意を喚起しようとするかの充全じゅうぜんの理由をここに発見せられるでしょう。
民芸とは何か (新字新仮名) / 柳宗悦(著)