“伯耆安綱”の読み方と例文
読み方割合
ほうきやすつな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてそれに対して武蔵の帯びていた太刀は伯耆安綱で三尺八分というものであった。この差一寸七分、これが勝負を決する基になる。
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
とあって、これで見ると、熊本へ来る以前の遍歴中は伯耆安綱を差し、死ぬ前の数年間は、武州物の兼重を帯びていたことになる。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
染帷鞣革の襷、伯耆安綱の大刀を帯び、天九郎勝長の槍を執って、忠弥はひとしきり防いだが、不意を襲われたことではあり組織立った攻め手に叶うべくもなく、少時の後には縛に就いた。
正雪の遺書 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)