“仮面師”の読み方と例文
読み方割合
めんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おゆるしなされませ。わざと、お見上げしていたわけではございませぬ。ついその、仮面師のわるい目癖というものでございましてな」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仮面師赤鶴が一心にに写しとっておいたあの一作であったのだ。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「はい。……この一年あまりは、具足師の柳斎にわれておりましたが、その柳斎も、夏の初めから行方知れず、ぜひなく、知り人の仮面師の手づるで、住吉の楽座へ入り、太鼓打ちなどしておりましたが」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)