“仏手藷”の読み方と例文
読み方割合
つくねいも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老人は拍子木を貰つた礼に何を返したものだらうかと色々思案の末が、矢張仏手藷のやうな山水をいていつもの禿山の代りに精々木立のこんもりした所を見せて送ることに決めた。