“仏手”の読み方と例文
読み方割合
ぶっしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よく聞け。——この護良還俗して、仏手干戈を取ったのは、遊戯ではないのだぞ。そのほうらにも、父のにも、いっこうわけの分らんところがある」