“仏会神事”の読み方と例文
読み方割合
ぶつえしんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大和の結崎田楽能の一座を開き、春日、法隆寺、東大寺などの仏会神事の催しごとも預かって、どうやら結崎一流の能舞を打ちて得ようかと、なお工夫の途中にござりまする。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)