“今田時雄”の読み方と例文
読み方割合
いまだときお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今田時雄、ああこれだ、これが昔の友達、時公の家だ。白い石の柱が左右に立って、鉄の飾格子のような門がそれでした。まるで郡役所のような門だなと、留吉は考えました。
都の眼 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)
今田時雄の玄関の一寸角のガラスの穴からのぞいた眼が、公園のベンチのうしろの木のからも、公衆食堂の椅子の下からも、宿屋の裏の空地にも、大川の橋の下にも、いつもぎらぎらと光って
都の眼 (新字新仮名) / 竹久夢二(著)