“今田束”の読み方と例文
読み方割合
いまだつかぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同じ解剖教室に今田束という人がいられました。それはまた器用な人で、同じ標本を造るのにも鮮かな手際を見せられるので、ひどく感心しておりました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)