“今文覚助命刺繍”の読み方と例文
読み方割合
いまもんがくじょめいのほりもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後、かれが出勤している舞台で、わたしの記憶に残っている役々は市村座の「今文覚助命刺繍」で、おたきという唖娘。千歳座の「水天宮利生深川
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)