“今井谷”の読み方と例文
読み方割合
いまいだに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
闇夜にて人通なきこそ天のと得念が死骸を池の中へ蹴落し、そつと同所を立去り戸田様御屋敷前を通り過ぎ、麻布今井谷湖雲寺門前にで申候処
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)