“什寶”の読み方と例文
新字:什宝
読み方割合
じふはう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暫くして忠之は、家老の家には什寶がなくてはならぬと云つて、家康が關が原の役に父長政に與へた具足を十太夫につた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)