“什麼生”の読み方と例文
読み方割合
そもさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おや、貴下ですね。」とお秀は俯向き、思えらく、「そんなら怒るのではなかったっけ。」什麼生この心中は、——少しあのナンと知るべし。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)