“什麼物”の読み方と例文
読み方割合
しもぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわちそれは大力量の士たる「仏祖の児孫」のみが、嫡々相伝して住持するところの、什麼物(Was)である。理論的にいかに精細に思惟されようとも、それはこの真理の把捉でない。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)