“人肉啖食”の読み方と例文
読み方割合
じんにくたんしょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われわれはもちろん、おまえを捨ててやつの後について行った。おお、人類の自由な知恵と、科学と、人肉啖食放肆きわまりなき時代が、まだこのうえに幾世紀も続くだろう。まさしく人肉啖食だ。