“人殺し鍛冶屋”の読み方と例文
読み方割合
ヴェンヴェヌート・チェリニ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「フン、まだあるのか」と熊城は、で濡れたとともに、吐き出すように云った。「もう角笛や鎖帷子は、先刻人殺し鍛冶屋で終りかと思ったがね」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)